よみもの

おいしい珈琲の淹れ方ヒント

アメリカンの淹れ方


豆の量 1杯分 約15g(珈琲150cc分)
挽き方 やや細挽き(グラニュー糖より細かめ)
ドリッパー メリタのひとつ穴


お湯は沸騰する前、温度は85~90度が最適です。

粉の中心からお湯を注ぎはじめ1回目でたっぷりと注ぎ、こまめに注ぎ足しながらそのままの水位(8分目くらい)を維持します。むらしは行いません。
カップ1杯分の珈琲がとれたら、まだドリッパーにお湯が残っている状態でドリッパーを外して、お好みの量のお湯で割ってください。

この方法ですと、珈琲の良い成分が素早く抽出されるので、お湯で割っても味が薄いという感じがなくおいしいアメリカンができます。